旧植松家住宅の活用探る 裾野で市民有志と市職員

IP160131TAN000086000

旧植松家住宅の活用探る 裾野で市民有志と市職員

裾野市中央公園内にある国指定重要文化財「旧植松家住宅」の活用法を考えるフューチャーセッション(市民活動センター主催)が31日、同住宅で開かれた。市民有志と、同住宅の利用促進を目指す市職員の自主研究グループのメンバーらが価値を広く発信し、市民活動に生かす方法を話し合った。
江戸中期の豪農宅とされる同住宅は寄せ棟造りで、かやぶき屋根や曲がりくねった梁(はり)が見どころ。公開は原則として土日祝日のみで、文化財としての価値は市民にも十分に理解されていない上、ほとんど活用されていない。
こうした現状を踏まえて、同住宅内で車座となった参加者は、古民家の雰囲気を生かした寄席、怪談会、演奏会の開催などの案を出し合った。利き酒会やカフェなど、飲食の場としての活用を提案する声も出た。
討論で挙がった意見は、同研究会が活動成果として市に報告する。

【記事提供】@S(アットエス)by静岡新聞

関連記事

裾野市ってこんなところです!

  1. 2019年全国劇場公開映画 ボランティアスタッフ募集 超大作映画のロケセットをプロスタッフと一緒…
  2. 【ゴールデンウィークは、あの、その、すその!】ライオンの赤ちゃん&ナイトサファリ 今日(28日…
  3. 【記事提供】静岡新聞社…

おすすめ動画

  1. 平成29年9月定例会 裾野市議会ニュース

    平成29年3月定例会 裾野市議会ニュース 出演:小田っち、賀茂っち、中村じゅんや 【…
  2. 【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住

    【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住 フルヤトモヒロ×SusonoTimes×裾野市による「…
ページ上部へ戻る