【ふりかえる裾野】田植 昭和28年6月22日

【ふりかえる裾野】田植 昭和28年6月22日

あの頃の農家は、田植の季節が来ると猫の手も借りたいほどの忙しさで、大麦、小麦の取り入れから始まり、田すき、堆厩肥の運搬、撒布、クロ刈り、畦塗り、荒代、苗取り、苗くばり等々と、田植前夜は水配のため眠る時間もないほどであった。

素足で田の中に入るため麦の刈株で生傷の絶え間がない。足の速い馬では、鼻取りも代かきもどろんこ、どろんこを飛ばして早乙女さんに叱られたものです。

こうした風景も、今は昔の懐かしい思い出、明るい唄声が聞えて来るような一幅の風物詩を見る想いがします。

【記事提供】裾野市 ふりかえる裾野

関連記事

裾野市ってこんなところです!

  1. 自慢のきれいなまちへ 環境美化活動を実施 今日(5日)は、環境の日です。 この日に合わせ市内各…
  2. ロケ支援映画 ボランティアスタッフ追加募集 超大作映画の作品づくりに参加しませんか 先日もお知ら…
  3. 2019年全国劇場公開映画 ボランティアスタッフ募集 超大作映画のロケセットをプロスタッフと一緒…

おすすめ動画

  1. 平成29年9月定例会 裾野市議会ニュース

    平成29年3月定例会 裾野市議会ニュース 出演:小田っち、賀茂っち、中村じゅんや 【…
  2. 【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住

    【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住 フルヤトモヒロ×SusonoTimes×裾野市による「…
ページ上部へ戻る