【ふりかえる裾野】牛とともに 昭和29年9月

【ふりかえる裾野】牛とともに 昭和29年9月

古来から、農家の動力の主たるものは馬でした。どこの農家にも馬一頭は必ずと言ってよい程飼われていました。

戦時中は農家の馬も軍に徴用されて飼養頭数は減少してゆきました。
戦後馬に代わって農耕用に牛が飼われるようになり、馬車運搬等の専業者は別として普通農家は牛を飼養して農耕、運搬に使用していました。
「オーイ、牛にエサをくれたかョ」「ハーイ……、もうすぐよ、待っててね」、牛も家族の大事な一員として、こんな会話が聞こえてくるような往時を偲ばせる一場面です。

【記事提供】裾野市 ふりかえる裾野

関連記事

裾野市ってこんなところです!

  1. 【ロケ支援作品 『』10月14日放映 】 =市内富岡地区の小学校や運動公園施設などでも撮影= 市…
  2. 10/6.7.8 スタンレーレディスゴルフトーナメント開催 大会名称 スタン…
  3. 【ふりかえる裾野】ぶどう巨峰 昭和29年8月 ぶどうの巨峰と言えば、露地ぶどうの王として知らな…

おすすめ動画

  1. 平成29年9月定例会 裾野市議会ニュース

    平成29年3月定例会 裾野市議会ニュース 出演:小田っち、賀茂っち、中村じゅんや 【…
  2. 【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住

    【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住 フルヤトモヒロ×SusonoTimes×裾野市による「…

ピックアップ記事

  1. すそのん散歩 東京でも“すそのスタイル”・長峰製茶新橋店 みんな、毎日雨でジメジメしているけど元気…
  2. フランクストン市から帰国 短期留学の小・中学生が市長表敬訪問 昨日(15日)、姉妹都市であるオース…
  3. 【平和への思いを共有】市内の中学生10人が広島を訪問 8日(火曜日)、「平和都市宣言」に伴う平和…
ページ上部へ戻る