【ふりかえる裾野】牛とともに 昭和29年9月

【ふりかえる裾野】牛とともに 昭和29年9月

古来から、農家の動力の主たるものは馬でした。どこの農家にも馬一頭は必ずと言ってよい程飼われていました。

戦時中は農家の馬も軍に徴用されて飼養頭数は減少してゆきました。
戦後馬に代わって農耕用に牛が飼われるようになり、馬車運搬等の専業者は別として普通農家は牛を飼養して農耕、運搬に使用していました。
「オーイ、牛にエサをくれたかョ」「ハーイ……、もうすぐよ、待っててね」、牛も家族の大事な一員として、こんな会話が聞こえてくるような往時を偲ばせる一場面です。

【記事提供】裾野市 ふりかえる裾野

関連記事

裾野市ってこんなところです!

  1. 【記事提供】静岡新聞社…
  2. 【記事提供】静岡新聞社…
  3. 静岡県側の富士山ナンバーの図柄決定 市役所に展示中のJPN TAXIに取り付け 裾野市・御殿場…

おすすめ動画

  1. 平成29年9月定例会 裾野市議会ニュース

    平成29年3月定例会 裾野市議会ニュース 出演:小田っち、賀茂っち、中村じゅんや 【…
  2. 【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住

    【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住 フルヤトモヒロ×SusonoTimes×裾野市による「…

ピックアップ記事

  1. すそのおんぱくプログラム冊子完成、2月3日から予約開始 裾野温故知新博覧会 平成30年3月3日…
  2.    アスルクラロスルガ株式会社とパートナーシップ協定を締結 スポーツによる地域の発展を目指して協…
  3. 【記事提供】静岡新聞社…
ページ上部へ戻る