【ふりかえる裾野】木炭を焼いたころ 昭和29年2月

【ふりかえる裾野】木炭を焼いたころ 昭和29年2月

戦前私たちの地区にも炭がまが2つほどありましたが、所有者は山持ちの旧家のもので、小作農家はこのかまを借用して炭を焼いたものです。
もちろん私たち貧乏な農家では木炭を暖房用などには使用できません。
養蚕をやったので、春蚕や晩秋蚕の時期には蚕室の暖房用に木炭が必要でした。
戦後はタバコ栽培を始めたので、タバコは養蚕飼育の桑に弊害があったため養蚕をやめ、木炭もそれ程使用しなくなりましたが、正月用などにlかまくらい焼いたものです。
かまに火を入れるとだれかが火の番をしたものです。
この娘さんどこのだれかって、ご想像にまかせましょう。多分50歳近くなっていることでしょう。

【記事提供】裾野市 ふりかえる裾野

関連記事

裾野市ってこんなところです!

  1. 自慢のきれいなまちへ 環境美化活動を実施 今日(5日)は、環境の日です。 この日に合わせ市内各…
  2. ロケ支援映画 ボランティアスタッフ追加募集 超大作映画の作品づくりに参加しませんか 先日もお知ら…
  3. 2019年全国劇場公開映画 ボランティアスタッフ募集 超大作映画のロケセットをプロスタッフと一緒…

おすすめ動画

  1. 平成29年9月定例会 裾野市議会ニュース

    平成29年3月定例会 裾野市議会ニュース 出演:小田っち、賀茂っち、中村じゅんや 【…
  2. 【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住

    【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住 フルヤトモヒロ×SusonoTimes×裾野市による「…
ページ上部へ戻る