【ふりかえる裾野】木の葉かき 昭和29年11月

【ふりかえる裾野】木の葉かき 昭和29年11月

この頃の農家では、秋の収穫がすみ、麦の種子蒔きが終わると、木の葉かきが始まります。
この木の葉は、サツマグラ(甘藷の苗床)や春野菜の苗床の壌熱材料として、また苗床終了後の堆肥として欠くことのできないものでした。
山林の雑草を刈り、木の葉とともに丁寧にかき集め束にして馬力に乗せて運搬し、庭へ山積みにするのです。

馬力とは馬に引かせる荷車のことで、この馬力が農家最大の運搬車でした。
毎日馬力に木の葉を山ほど積んで、正月前にどれだけ沢山積み上げるか隣り近所で競い合ったものです。この風物詩も今では見られません。

【記事提供】裾野市 ふりかえる裾野

関連記事

裾野市ってこんなところです!

  1. 【記事提供】静岡新聞社…
  2. 【記事提供】静岡新聞社…
  3. 静岡県側の富士山ナンバーの図柄決定 市役所に展示中のJPN TAXIに取り付け 裾野市・御殿場…

おすすめ動画

  1. 平成29年9月定例会 裾野市議会ニュース

    平成29年3月定例会 裾野市議会ニュース 出演:小田っち、賀茂っち、中村じゅんや 【…
  2. 【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住

    【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住 フルヤトモヒロ×SusonoTimes×裾野市による「…

ピックアップ記事

  1. すそのおんぱくプログラム冊子完成、2月3日から予約開始 裾野温故知新博覧会 平成30年3月3日…
  2.    アスルクラロスルガ株式会社とパートナーシップ協定を締結 スポーツによる地域の発展を目指して協…
  3. 【記事提供】静岡新聞社…
ページ上部へ戻る