【ふりかえる裾野】宗祇法師をしのぶ 昭和29年4月

【ふりかえる裾野】宗祇法師をしのぶ 昭和29年4月

室町時代中期の連歌師宗祇は、「竹林抄」や「新撰菟玖波集」などの連歌撰集の編集をしたと言われ、この宗祇法師の墓が市内の桃園にあります。
古老の方に聞いた話によると、桃園山定輪寺は現在の位置より西側の山ふところにあったといわれ、法師の墓はその定輪寺境内にあったものです。
知人を介して竜沢寺のお坊さんに来裾していただき、法師の墓におまいりをしてくださるよう御願いしましたところ、心よく承諾してくれました。

名まえは忘れましたが、竜沢寺の内でも偉いお坊さん一行が7人で来てくれました。
早春の墓参の一日でした。
いまは開発のため、この墓地も移転して現在の定輪寺境内にあります。

【記事提供】裾野市 ふりかえる裾野

関連記事

裾野市ってこんなところです!

  1. 自慢のきれいなまちへ 環境美化活動を実施 今日(5日)は、環境の日です。 この日に合わせ市内各…
  2. ロケ支援映画 ボランティアスタッフ追加募集 超大作映画の作品づくりに参加しませんか 先日もお知ら…
  3. 2019年全国劇場公開映画 ボランティアスタッフ募集 超大作映画のロケセットをプロスタッフと一緒…

おすすめ動画

  1. 平成29年9月定例会 裾野市議会ニュース

    平成29年3月定例会 裾野市議会ニュース 出演:小田っち、賀茂っち、中村じゅんや 【…
  2. 【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住

    【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住 フルヤトモヒロ×SusonoTimes×裾野市による「…
ページ上部へ戻る