須山出身・渡邉社長が毎日経済人賞 変化は摩擦を生み、摩擦は進歩を生む

須山出身・渡邉社長が毎日経済人賞
変化は摩擦を生み、摩擦は進歩を生む

第一生命ホールディングスの渡邉光一郎社長が第37回毎日経済人賞を受賞しました。今年の受賞者は渡邉社長と中村ブレイスの中村敏郎社長の2人です。

同賞は優れた経済手腕で経済界に新風を送り、社会的、文化的活動を通じて国民生活の発展に貢献した経済人に贈られる名誉ある賞です。

「変化は摩擦を生み、摩擦は進歩を生む」という座右の銘にあるように、渡邉社長は、同社の持ち株会社化や国際化などに、果敢にチャレンジしたことが高く評価されました。金融界からの受賞は実に34年ぶりとのことです。裾野市出身ではもちろん初めてです。

同賞の贈呈式が24日(金曜日)、東京都文京区の椿山荘で行われました。来賓として出席した髙村市長は、贈呈式の後に行われた祝賀会で、出席者を代表し乾杯のあいさつを行いました。

その中で、渡邉社長が世界遺産富士山の構成資産、須山浅間神社のパワーを受けて成長したことに触れながら、同神社のお札を手渡しました。また、裾野市の水のペットボトルを各テーブルに置いて、社長のふるさと裾野市をPRしました。

渡邉社長は「グループ会社の皆さんに感謝しています。みんなで喜びを分かち合いたい」とあいさつしました。「経営は駅伝のようなもの。トップスピードのままで繋ぎたい」と語る渡邉社長。4月から同社の会長に就任する予定です。

◎渡邉光一郎社長・髙村市長対談「すそのスタイル第7号P14~16」
http://www.city.susono.shizuoka.jp/ss/susonostyle-no7.pdf

【記事提供】裾野市

関連記事

裾野市ってこんなところです!

  1. 2/10 対話のシンポジウムin裾野 楽しい話し合いの文化を創る集団『みらい建設部』が贈る来場…
  2. 消防関係者約400人が集い、決意新たに 消防出初式を開催 7日、消防出初式が市役所駐車場などで…
  3. 【ふりかえる裾野】宗祇法師をしのぶ 昭和29年4月 室町時代中期の連歌師宗祇は、「竹林抄」や「…

おすすめ動画

  1. 平成29年9月定例会 裾野市議会ニュース

    平成29年3月定例会 裾野市議会ニュース 出演:小田っち、賀茂っち、中村じゅんや 【…
  2. 【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住

    【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住 フルヤトモヒロ×SusonoTimes×裾野市による「…

ピックアップ記事

  1. 【記事提供】静岡新聞社…
  2. 市長感謝状贈呈式を開催 寄付をした1個人・3団体に感謝状 今日(7日)、市長感謝状贈呈式が市役…
  3. 櫻井寛さんが旭日双光章を受賞 市長へ表敬訪問 昨日(4日)、平成29年秋の叙勲の地方自治功労で旭日…
ページ上部へ戻る