富士山国際雪合戦、3年ぶりに 裾野で準備進む

IP160126TAN000124000[1]

富士山国際雪合戦、3年ぶりに 裾野で準備進む

霊峰を間近に望む会場でスポーツ雪合戦を展開する「第19回富士山国際雪合戦大会」(同実行委員会主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が2月6日、裾野市運動公園で開かれる。ことしは暖冬による雪不足が懸念されたが、今月中下旬の寒波で雪の確保に見通しが立ち、関係者は3年ぶりの開催に向けて準備を進めている。
雪合戦はコート内で2チームが障害物に身を隠しながら直径7センチの雪玉を投げ合う競技。富士山麓の雪を活用した催しとして1998年に始まった。
おととしは大雪による交通網のまひで中止し、昨年は大会運営の中心を担ってきた裾野青年会議所の会員数減少のため開催できなかった。ことしは開催を求める声も受け、同会議所の会員に有志も加わって実行委を結成した。

今大会には県内はじめ沖縄県、首都圏などから小学生のジュニアの部に5チーム、中学生以上の一般の部に42チームが参加登録した。当日は会場に飲食の露店や「ミニ雪合戦コート」も設置する予定。実行委などは市内で雪玉製造器のテストを行い、出場チームも練習に取り組んだ。
大会は午前9時半から午後4時までの予定。実行委の鈴木浩正事務局長は「迫力ある試合やサブイベントを楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。

【記事提供】@S(アットエス)by静岡新聞

関連記事

裾野市ってこんなところです!

  1.   95歳の深良川第一発電所運転再開 水車発電機などの工事完了で竣工式 昨日(15日)、深良川第一…
  2. すそのん散歩 裾野市の水・市水道庁舎 「裾野市の水」は、富士山の恵みっ!富士山に降った雨や雪が地中…
  3. 9月18日開催 プログラム勉強会参加者募集! プログラミングの必修化に向けて一緒に勉強しませんか …

おすすめ動画

  1. 【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住

    【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住 フルヤトモヒロ×SusonoTimes×裾野市による「…
  2. 【動画】スソノまちづくり  ふれあい上宿

    【動画】スソノまちづくり  ふれあい上宿 フルヤトモヒロ×SusonoTimes×裾野市による「ス…

ピックアップ記事

  1. すそのん散歩 東京でも“すそのスタイル”・長峰製茶新橋店 みんな、毎日雨でジメジメしているけど元気…
  2. フランクストン市から帰国 短期留学の小・中学生が市長表敬訪問 昨日(15日)、姉妹都市であるオース…
  3. 【平和への思いを共有】市内の中学生10人が広島を訪問 8日(火曜日)、「平和都市宣言」に伴う平和…
ページ上部へ戻る