国際連句会を開催
連句を通じて国際交流

7月25日(水曜日)、昨年に引き続き、ザビエル大学教授でアメリカ俳句協会会長のデビッド・ラヌーさんの来日に伴い、植松家住宅(中央公園内)で国際連句会が開催されました。連句の文化は世界中に波及しており、毎年、世界各地で数人から100人規模の国際連句会が開催されています。参加した方は、さまざまに趣向を凝らし真剣に詠み、他の人が詠む連句を感心した様子で聴いていました。
この会には市長も参加し、「桃園定輪寺の宗祇法師の墓所は、当市の大切な文化遺産です。裾野から、日本の文化、おもてなし、和の心を、連句を通して海外に伝えることは、大変すばらしいです」と述べました。

連句とは、最初の長句に対して、その情景から次の脇句を想像する連想ごっこです。(引用:一般社団法人日本連句協会ホームぺージ)何人かで長句と短句を交互に繰り返す、この問答風の文芸は、600年も前から現代に継承されており、裾野市の定輪寺には、松尾芭蕉・西行と並び三大漂白歌人と称される室町時代の連歌師である宗祇法師の墓所があります。

【記事提供】裾野市

関連記事

裾野市ってこんなところです!

  1. 自慢のきれいなまちへ 環境美化活動を実施 今日(5日)は、環境の日です。 この日に合わせ市内各…
  2. ロケ支援映画 ボランティアスタッフ追加募集 超大作映画の作品づくりに参加しませんか 先日もお知ら…
  3. 2019年全国劇場公開映画 ボランティアスタッフ募集 超大作映画のロケセットをプロスタッフと一緒…

おすすめ動画

  1. 平成29年9月定例会 裾野市議会ニュース

    平成29年3月定例会 裾野市議会ニュース 出演:小田っち、賀茂っち、中村じゅんや 【…
  2. 【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住

    【動画】スソノまちづくり 裾野市移住・定住 フルヤトモヒロ×SusonoTimes×裾野市による「…
ページ上部へ戻る